税務署のOB税理士で副業を!

税理士については、年収がとても高いことがよく知られています。

23年以上税務署に勤務した国税従事者は退職すれば税理士になれて副業ができます。

この職業の平均年収は841万円、平均月収は60万円、平均時給は3780円、そして年間ボーナスは124万円である、というデータもあります。
こうしてみると、この職業は一般の会社員よりかなり良い収入を得ていることがわかります。
しかしそれだけに、この仕事の資格を得るのは、並大抵の努力では達成できません。
確かに年収はとても高いですが、この仕事の資格を得るためにはお金も手間もものすごくかかるということを覚悟しなければなりません。
税理士試験の合格率はとても低く、10%くらいであるといわれていますが、この合格率は実際に試験を受ける時にはあまりあてにならないそうです。
これほどに難関な試験ですので、税理士になってから何をしたいのかという事をあらかじめ明確にしてから挑戦しないと、途中で挫折してしまう危険性があるそうです。
ただ、収入がいいからという理由だけでこの職業に就こうとすると、痛い目を見ることになるので注意しましょう、