年金

年金について納得するにはどう考えたらいいのか

年金というと、自分の将来の生活のために積み立てておくものというイメージがある。
毎月の支払いは、ちょっとした外出2回分くらいに相当し、決して安くはないが、
年金として受け取る額に比べれば割がいいだろうと納得するのだ。
そうすると、
支給額の減ったり、支給開始の年齢が引き上げられたりすると、何か割に合わなく
感じてしまう。
一方で、年金については同じ時代の高齢者を支える仕組みだと説明されることがある。
将来自分にかえってくる積み立てとしてではなく、現役世代の出資で高齢者を支える
保険金のようなものというのだ。
一種の税金のような感覚となり、制度が存続する
限りで、社会人としての責任として納得することになる。
そうすると、支払いのミスや
加入者管理のずさんさが大きく話題となると、制度自体に対して不満を持つように
なるのも当然だろう。
制度の説明は、言葉の上の問題かもしれないが、加入者が最低限、安心納得できる
制度運営を望みたいと思う。