副業に必用な通信費いろいろ

通信費とは、電話や郵便などの通信に関係する費用で、ハガキや切手、電話料金、電報、インターネット通信費などを指します。家計では、「電話料金」や「趣味」の一環で勘定されている場合もあると思います。各家庭の中で通信費として一番多く支払いをしているものは、「携帯電話」(約89%)です。1カ月に支払っている料金としては「5,000円以上1万円円未満」が一番多く、次いで「2,000円以上5,000円未満」です。通信費の種類として「携帯電話」に次いで多いのが、「固定のインターネットの接続料金」(約88%)、最後に「固定電話料金」です。ちなみに「インターネット料金」の支払い額で多いのは「2,000円以上5,000円未満」次いで「5,000円以上1万円未満」。

通信費の生活費に占める割合は?
生活費のうちの「5%以上10%未満」が約35%、「5%未満」が20%で「生活費の10%未満」を見ると約55%を占めています。この通信費の割合を「高い」と感じている人は約47%で、約半数を占めています。節約したところは「携帯電話の通信料金」という回答も多く出ているようです。

通信費の節約
我が家の場合、「家族割り」というのがあるので、家族間での携帯電話の使用なら通話料金が無料になるのでこれを活用しています。あとは「繰越無料通話」もあり、基本料金を支払うと先月分と今月の「無料通話」分(1,000円ずつだったかな?)があるので、他の人に電話する時も、できるだけ携帯電話を使用します。ただし、知り合い以外の人に携帯電話番号を知られたくない時には、固定電話を使用します。でも、固定電話は子供がいるから置いていますが、独身で携帯電話を持っている人なら、なくても不便には感じないと思いますよ。あとは手紙や電話でなく、FAXを活用したりもしています。手紙だと80円かかりますが、FAXにするとすぐに手紙を相手に送れるし格安になります。