副業・経費としての雑費

雑費についてどこまでを雑費というの?
人によって様々な扱いの雑費。我が家の雑費は食費の中に含まれていて「主に日用品費」です。他には交通費、交際費、衣料費、通信費なども含んでいる場合もあるようです。雑費は「一日に何度か使用したり、反対に毎日使うのもではなかったりと、月に少しずつでも消費するもので、絶対に必要ではないけれど、ないと困るもの」という名目の費用と考えています。

雑費の目安は?
各家庭で、どこまでを雑費とするか、何人家族なのかなどによって、まったく違ってくるので、一概には言えませんが、「5,000円くらい」という人や「20,000円」という人がいて、金額にも差が出てしまいます。ちなみに我が家では「雑費・食費・ガソリン代」で35,000円で抑えるように努力しています。野菜などは近所や実家からもらうことができるので、何とかやりくりしている感じです。雑費には日用品が含まれていて、洗濯用製剤や台所用洗剤、石鹸、歯ブラシなどの衛生用品、洗髪用の石鹸などが含まれています。お正月時期などの年賀状もここから出しているので、かなりカツカツなのが現状です(@_@;)

③雑費の内訳は?
日用品:洗剤、石鹸、衛生用品
交通費:ガソリン代、バス・タクシー代
交際費:手土産、食事代
衣料費:洋服、靴
通信費:年賀状、切手、ハガキ
こんな感じのものが当てはまると思います。各家庭に合わせて、雑費の設定をしてみましょう。