国家公務員の副業

特別職:大臣、副大臣、裁判官、裁判所職員、国会職員、防衛省職員等
一般職:非現業職員、検察官、国営企業(林野)、特定独立行政法人職員等

国家公務員Ⅰ種   国家公務員Ⅱ種  国家公務員Ⅲ種  国税専門官

法務教官 外務省専門職員 衆議院事務局職員 参議院事務局職員

警察庁 防衛庁 裁判所事務官 労働基準監督官 航空官制官 家庭裁判所調査官補 国立国会図書館

特別職であったり、国家一種である場合は、副業をする余裕はなさそうです。

逆に、国家三種などで地方の出張所勤務とかだと、ある程度副業を視野に入れていくことも可能かもしれません。家業を手伝ったり、相続で不動産が入ってきた場合を除いては、自分で副業の基盤を作らないとならないので、とても大変です。

やっぱり、アフィリエイトでしょうか、月に2.3万なら十分可能ですし、休みの日に暇つぶしで

出来ますが妻名義か家族名義で活動しなければなりません。