公演・作家・出版

教職員、教授、など基本的には公務員の副業は法律で禁止されています。

しかし、作家活動・公演活動・などで副業の許可を取り活動をする事が可能なケースもあります

詳しくはこちらを

教員や教授などは公演・作家・出版活動に関わる人も結構います。

実際に副収入を得ている公務員も存在します。

公演講師など、雑収入で確定申告

出版などで、原稿料や出版料では源泉差し引きされている場合もあります。

地域発展に関する活動、教育上の研究成果の発表活動、本人に能力があれば公務員だけじゃもったいないので、是非幅広く活動して欲しいところです。

作詞家って誰にでもなれるの?

早い話をすれば、作詞家には誰でもなれます。
とにかく作詞をするという能力さえ持ち合わせていればいいのですから。
作詞家にはフリーランスで働く場合とレコード会社か音楽出版社で契約して働く場合があります。
フリーランスの場合は、余程名が売れない限りは難しいでしょう。
また、契約したとしても、すぐに収入に結び付くかどうかは分かりません。
アーティストに作詞をする人もいれば、CMソングを作詞する人までいるので、どのような作詞をしたいのかということを念頭に置いて活動しないと、いつまで経っても目は出ない職業です。
ただ作詞が出来ればいいというものでもなく、音楽に乗せた時に人に伝わるものを作らなければならないので、並大抵の努力ではどうにもなりません。
最初は収入がないかもしれないという事を考えて挑むべき職業だとも言えます。
作詞家で多くの収入を得たいのであれば、常に感性を磨いて、時代に合わせた作詞も出来るようにトレーニングしておきましょう。
人とのコミュニケーションが大事な職業でもあるので、人との対話が難しい人には向かない職業でもあります。