農業・漁業

地方都市の場合では実家が生産農家で息子が公務員・市町村役場や市役所の職員だというケースも多くみられます。この場合は比較的簡単に副業として新生許可が下りるようです。

仕事が終わった後の草刈り、農作物の肥料散布、お米の種付けや稲刈りなど、

漁船の整備や漁具の整備や水揚げの手伝いなど。

休みの日でもちょっと手伝う事もできますし、有給休暇をもらって一日がかりでする場合もあります。

水産業や農業所得は実家のほうで計上しつつ、お小遣をもらっても証拠も残らないので派手な買い物などはせず生活必需品として食糧を確保する程度なら問題ない自治体が多いです。

しかし、農業が繁盛して本格的な事業になった場合には問題もでてきます。

どちらが本業か解らなくなった場合にはきちんと対策をするべきでしょう。