お店の経営など

基本的には公務員の副業は法律で禁止されています。

公務員でショップで副業する場合には実名は完全に隠さなければなりません。

インターネットショップがお勧めですが名義も妻名義にするなど徹底した対策が必要です。

しかし、月に数万程度であれば本人名義でも問題にならない場合もありますが、

やはり、今後の事を考えて妻名義で活動することが望ましいです。

基本的には公務員の副業は法律で禁止されていますが、公務員の給与の低下なども避けられなくなってきてます。

民間企業は副業を解放してますが公務員は、依然として禁止されています。

しかし、公務員でも家族を養い生活する事が第一条件なので既に住宅ローンを抱えていたり、家族などが思わぬ病気や怪我に遭遇した場合、奥さんのパートだけじゃ足りないのは目に見えてます。

法律を守るか、家族を守るか、きわどい選択ですが、公務員給与は下がるが副業は認められないtなると一家破産を招く恐れもあります。

公務員妻がインターネットショップで成果を継続的に出せた場合には、事業所得となります。

単発なら雑所得ですが、インターネットショップは継続収入という特徴があるので事業所得となると思えばいいでしょう。

事業所得には経費も認められているので家でつかう書籍やパソコン代や通信費なども経費として入れていきましょう。

公務員妻でアフィリエイトで年額20万以上本格事業をする場合には扶養家族として外れてしまい、自分で健康保険に入る必用もでてきます。

年間20万から50万で申告してる人って聞いた事ありませんが、100万以上になると確定申告にも真面目に取り組む必要もあるでしょう。

悪質なケースだと、清掃局、環境局職員や、警視庁警視や警察事務職員が、妻名義などで飲食店を開いていたケースがあります。

本人もカウンターに立っていたりすると、見つかった時に逃げ道がありません。

こういう副業がばれる場合は、だいたい密告でしょう。

基本的には妻がどんな仕事をしようが自由になるので本人は経営には口を出さない、行動は起こさないが基本ですね。