水道代の節約

水道代の節約

①水道代の目安は?
地域によって水道料金に差があるようです。1か月あたりの平均使用量(1000リットル=1立方メートル)は一人暮らしで7.8立方メートル、2人で16.2立方メートル、3人21.6立方メートル、4人26.3立方メートル、5人30.6立方メートル、6人以上35.6立方メートルです。

②用途別使用量の目安は?
・洗面や手洗いで1分間出しっぱなし...約12リットル
・歯磨きで30秒間出しっぱなし...約6リットル
・食器洗いで5分間出しっぱなし...約60リットル
・洗車で20分間出しっぱなし...約240リットル
・シャワーで3分間出しっぱなし...約36リットル
・トイレで1回流したら...約12~20リットル

③水道代の節約方法は?
我が家でやっている節約方法は、元栓の開く量を減らして、水道の蛇口を満開にしても、水の出る量を少なくなるようにしていることです。我が家には小さい子供が二人いるので、手洗いなどの際に水を流しっぱなしにしてしまったり、必要以上に蛇口を開いたりするので、この方法をとっています。もちろん、出しっぱなしを見つけた時には注意もしていますが。。。
お風呂では、シャワーの使用を禁止しています。体や頭を洗う時には湯船のお湯を桶で汲んで利用しています。他に大量の節約は、やっぱりお風呂の残り湯での2日に1回の洗濯です。お風呂からあがってすぐに洗濯をするようにしています。お湯が温かいうちに洗濯することで、洗濯物の汚れが落ちやすくなると思います。この方法でお風呂のお湯は、我が家ではすべて使い切ります。1日に約90リットル程度は節約していることになります。月に30日として、地域によっても水道料金は違いますが、年間で約1万円程度の節約になります。
便利なのは、最近ではスーパーマーケットなどで無料でもらうことができるイオン飲料水。初回だけ、ボトルを購入するのに数百円お金がかかりますが、一度購入すれば無料で何度でもお水を持って帰れます。徒歩や自転車なら運動にもなるので、健康と水の両方が手に入って「一石二兆」になりますが、わざわざ車を使って行くとガソリン代が無駄になるので、買い物のついでにもらってくると、お得です(*^^)v
地域によって違いますが、東京都のように"10立方メートル"までは料金単価が22円、"11立方メートル"から一気に6倍の128円という料金体系もあり、各お住まいの料金の変動を知っておくのも、節約の基本になるかもしれませんよ。一度ご確認ください!